ハーブを勉強し始めた頃「花粉症にはネトルが良い」と聞き、本当かなあと思って夫に試したところ、見事に効いてくれた経験があります。

具体的には、自転車で目を真っ赤にして泣きながら帰宅していたのが「ちょっと目がかゆいかも?」ぐらいになりました。

今日は、そのお勧めハーブをご紹介したいと思います。

ネトルってどんなハーブ?

——————————————————————————————–
ネトル
学名:Urtica dioica

古くから浄血と造血の目的で用いられてきた歴史をもつ。
浄血の目的ではアトピーや花粉症、リウマチなどのアレルギー疾患に用いられ、ドイツなどでは春先のアレルギーやニキビ、蕁麻疹の予防に春季療法としてハーブティーや圧搾液それにホメオパシー製剤などで内用される。

『メディカルハーブの事典(東京堂出版)』より抜粋

——————————————————————————————–

ポイントは「浄血」ですね。

血を綺麗にして体質を改善するハーブなので、花粉症の症状そのものを抑えるというよりは、花粉症にならない身体に改善していくイメージです。

 

飲み方

体質改善のハーブなので、花粉症になる1~2ヶ月ぐらい前から飲み始めた方が効果は高いと思います。

代表的なスギ花粉は早くて2月、遅くとも3月にピークがくるので、1月ぐらいから飲み始めればちょうど良いかと。

という考えのもと、1月ぐらいから夫にネトルを飲んでもらいました。

が、毎日ネトルのお茶を入れるのはめんどくさかったのでカプセル剤を買い、1日1回、飲むか飲まないかのゆる~いペースで飲んでもらいました。

「効いたら良いね」ぐらいの気持ちでした。

 

カプセル剤ならECLECTIC(エクレクティック) がおススメです。高いけど。

 

花粉に気づかなかった

夫が花粉症なので、花粉が飛び始めるといち早く反応するのはもちろん夫なのですが、その年は分からなかったみたいです。

私が調剤薬局でパートをしていたので(しかも耳鼻咽喉科)患者さんが増えてようやく「花粉が飛び始めたんだ」って気づきました。

それを夫に伝えると、「そういえば目がかゆいと思った」って言ってました。

すごい進歩!

 

まとめ

薬じゃないので万人に効く訳ではないと思うのですが、花粉症に悩んでいるなら飲んでみることをお勧めします。

完全に治らなくても、症状が軽くなるだけで気分も違います。

お茶でも大丈夫かと思いますが、症状が重いならカプセル剤の方が全ての成分を余すことなく摂取できて良いかも。
(お茶だと水に溶ける成分しか摂取できないので)

口コミもなかなか良さそうなので、良かったら試してみてくださいね!

ポイントは「早めに飲む」です!!

—————————————————————————

*他の薬と一緒にハーブティーを飲んではいけません。
*妊婦さんや授乳中の方は、お医者さんに相談してください。
*小さなお子さんは、薄めて飲むようにして下さい。

—————————————————————————

良かったらこの記事もどうぞ! → 「花粉症にえごま油が良い理由」

 

 余談

夫の人体実験データだけじゃ足りないと思って、花粉症に悩む友達にネトルのカプセル剤を送りつけてみました。

効いてくれるといいなあ~